めんたま生活録

特に書くことも無い普通の学生日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


父さんがもういないんだということをしみじみと感じるようになった。
なんとなく、一人でいると意味も無く不意に耐えられなくなったりして。
色んなこと思い出したりして、人前じゃ絶対泣かないくせに一人の時に何でか涙が出てくる。
死んでしまった直後は慌し過ぎてそれどころじゃなかったけど、
こうやってゆっくりした時の中に戻るとこんなにもしみじみと感じられるものなんだなぁって、
正直半ば他人事のように思いながら、なんとなくどうしようもない気持ちになった。
誰かに縋りたくなる、だけど誰にも縋りたくない気もする。
これは自分のことだから、他の誰かを巻き込んだりしてはいけないことのような気がして。
だから今はレポートの忙しさに呑まれるようにして逃げてるのかもしれない。
人のいない空間にいるのが嫌で遅くまで学校に残ってみたりしてるのかもしれない。
母さんが泣くから、せめて私は強く母さんの支えになってあげれたらいいのにと思う。

父さん…こんなこと言っちゃいけないのはわかってるけどさ、
なんで、母さんのこと置いて死んじゃったのかなぁ…。
せめて、もうちょっとさぁ…長く生きてて欲しかったなぁ…
早過ぎるんだよ馬鹿親父。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://tknhkn.blog87.fc2.com/tb.php/265-87a951b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。